プロ奢ラレヤーのVoicy文字起こし

こちらは、プロ奢ラレヤーのVoicyの文字起こしブログです。

【スポンサーリンク】

#28-1 「世界的パフォーマー」の謳歌さん(第1部:「視覚イリュージョン」とは&世界的パフォーマーを日本に呼び込みたい!)

f:id:narunica2015:20190418160150j:plain

この記事は、プロ奢ラレヤーのVoicyを
文字起こししたものです。

 

プロ奢ラレヤーの奢られ日和

 

#28-1 「世界的パフォーマー」の謳歌さん

第1部:「視覚イリュージョン」とは&世界的パフォーマーを日本に呼び込みたい!

 

Voicyの音源はこちらから。

 

voicy.jp

登場人物:プロ奢ラレヤー(以下:プ)
     世界的パフォーマー
    :謳歌さん(以下:謳

 

 

プ:はい、つーわけでですね。
  今日は、珍しくね。

  あの、初対面じゃないんですけど。
  結構、何回目ですか?

謳:3回目?

プ:もっと、会っているんじゃない?
  
謳:3回か、4回か。

プ:4、5回たぶん会ってて。
 
謳:そんぐらい。

プ:何か、結構ね。
  あの、僕も色々知っちゃっているんで。

  今更って、感じがあるんですけど。
  ちょっとね、面白い活動しているんで。

  あの、聞いていきたいと思います。

  自己紹介お願いします。

謳:はい、パフォーマーの、謳歌(おうか)
  と申します。

プ:そうですね。

謳:人生を、謳歌するとか。
  青春を謳歌するの謳歌という。

プ:はい。

謳:という、感じですね。

プ:ちょっと、伝わりづらいんですけど。
  パフォーマーって、何の、パフォーマー
  ですか?伝えられます?言葉で

謳:何かね、僕がやっているのが、
  普通その、パフォーマンスっていうと、

  例えば、ジャグリングですとか、
  パントマイムですとか。ダンスですとか。

  ジャンルがあると思うんですけど。

  僕は、結構その、ジャンル。
  これまで、歴史上にジャンルとして、
  存在していなかった、

  パフォーマンスを、まあ、
  パッケージして。ショーでやって
  いるという。

プ:うん

謳:形なんで、すっごいね、
  何ですっていう単語が無いんですよ。

  新しすぎて。ジャンルとしては。

プ:うんうん

謳:まあ、何か道具を、規則的に操ることで、
  模様を、描くみたいな。

プ:いや、まあちょっとね。

謳:いや、まあ、ちょっとね。
  Youtube見てください。
  Youtubeか、ツイッター見てください。

プ:俺も、最初、動画見せてくれた
  じゃないですか?

謳:はいはい。

プ:あれの時、ああ、何か見た事あると
  思って。テレビとかでね。

謳:ああ、そうですね。

プ:やってたよね?

謳:最近だと、最近っていうか、
  まあ、前回だと、「スッキリ」とか。

プ:うんうん

謳:まあ、番組ちょいちょい。
  まあ、やっぱり、珍しいんで。

プ:そうだよね。

謳:今回は、こんな方に、
  出演していただきました。

  スゴ技なんとか、みたいな感じでまあ。

プ:そうそうそうそう

謳:たまに、出演してます。

プ:一応、後で、ツイッターから、
  来ている人には、@で飛ばして、

謳:ああ、ああ。

プ:見るとこあるじゃないですか?

謳:はいはい

プ:見てもらえれば、たぶん分かると思うし。
  見た事あると思ったら、多分、謳歌さん?

謳:まあ、まあ、そうですね。

プ:一人しか、いないでしょ?今

謳:あの、テレビとかで、日本のテレビとかで
  見れている人が、見たとしたら、多分、
  僕ですよね。

プ:間違いなく、見たことある人は、
  多分、謳歌さん見たことある人なんで。
  その人です。(笑)

  一応ね、伝えづらいけど、
  大体、たぶん飛んでもらえれば、
  分かるから。

  まあ、そんな感じですね。
  えっと、謳歌さんと、今日は。

謳:はい。

プ:適当に、喋っていきたいなと思って。

謳:よろしくお願いします。

 

世界的パフォーマーを日本に呼び込みたい!


プ:はい、何かね、もうね。
  僕の場合、結構もう聞いちゃっているんで。

  あの、再び何聞いたら、面白いかな
  って、考えたんですけど。

  とりあえず、何か今。
  どういう。まあ、そのやっている事。

  何となく分かったというか。
  動画見れば分かると思うんですけど。

  どういう形で、活動しているんですか?
  その要は、えっと。

  どういう、ステージでやっているとか。
  こんなステージでやっているよとか。

謳:う~ん、普段のね。活動としては。

プ:はい。どういう形で、やってんのっていう。

謳:日本国内だと。

プ:はい。

謳:結構、企業パーティー的なやつ。
  
プ:敷居高いやつだね。

謳:あはは。

プ:チケット、いくらでしたっけ?
  だいたい。

謳:あ、何か、でも、高いやつは。
  あ、一番高いのは。

プ:うん。

謳:チケット代60万円くらい?

プ:あはは、ヤバッ、それ。
  60万って、無いよね。

謳:それって、中々無いですよ?
  チケット代60万円。

  チケット代というか、参加費。
  F1の。それは、どういう仕事だったかと
  いうと。

プ:ああ、なるほど、なるほど。

謳:あのF1ですよ。本当に、あのF1。
  関連イベントとかじゃなくって。

  まさに、あのF1の何か、超VIPシートの
  出演みたいな。

プ:それに呼ばれて。

謳:そうですね。で、そこは、何か、
  それぐらい。
  
  チケット代、チケット代というか、参加費
  それぐらいした気がします。

プ:何で、チケット60万円とかさ。
  オリンピック幾らよ?だって。

謳:いや、分かんない。

プ:1シート60万円するかって、ギリあるか
  無いかくらいだよ。(笑)

謳:知らないけど(笑)

プ:あはは、それぐらいのやつでね。
  結構、だから。

  まあ、最先端のね、
  あの、イリュージョン。
  視覚イリュージョンということで。やっぱ。

謳:そうね、そうね。

プ:ポジション取っているわけじゃない
  ですか?

謳:そうですね。

プ:それを、見たいなと思ったら、
  謳歌さん以外いないわけでしょ?ほぼ。

謳:まあ、結局、何だろうね。
  いなくは無いんですけど、
  結局その何か、ショーパッケージとして

  やっている人は、まあいない。
  って感じ。

  結局は、何だろう。
  ちょっと、例えば、30分のショーの中で
  ちょっと、出来ます。

  ちょっとだけ、出来ますとか。
  ちょっとだけやりますとか。

プ:はいはい。

謳:そう言うのは、ありますね。

プ:頼まざるを得ないわけでしょ?

謳:まあ、そうかもしれないですね。
  プロとして活動している。
  やらせてもらっている中で。
  
プ:なるほどね。
  国内だと、そういう感じだけど。

  海外だと、どんな感じですか?
  どれくらいやっているんですか?

謳:えっと、ヨーロッパに、一人強い
  人がいて。
  
プ:はいはいはい

謳:ちょっと、嫉妬のね。強い感じ。
  まあ、そんな感じですね。

プ:はいはい
  結構、でも、世界的にやってますもんね?
  あの、活動。

謳:まあ、色んな国で。そうですね。
  
プ:何か国だっけ?

謳:一応、22か国に、呼んでいただいた。
  
プ:え~、22か国で、公演をやった人と、
  ルノアールで、怪しいVoicyを撮っている
  っていう。

謳:そうですね。

プ:すごい、怪しい会話なんですけど。
  凄い人ですよ。こんな、ラフに喋って
  ますけど。

謳:いえいえいえ。

プ:すごい、人なんだよね。

謳:とんでもないです。

プ:あとで、フォローしといてください。

謳:凄い人じゃないけど、フォローは、
  しといてください。(笑)

プ:あははは。見たら、凄いよね。
  やっぱね。

謳:パッと見で、面白いみたいなところは。
  パッと見で、伝わるっていうのはね。
  
プ:暗いところで、ほら光が。

謳:そうね、光で、ブラックライトで光ったり
  とか。

プ:すごいよね。

謳:そういう、演出付けたりとかして。

プ:あれは、確かに、呼ばざるを得ない
  よなって、感じが。

  ってか、他の、パフォーマーと、全然。
  こう、何だっけ、インパクトが違う。

  ジャグリングとかと、色が違うから。
  あれは、面白いなと。

謳:あと、僕、結構、姑息なんで。
  あの、道具が、ワーッとなって。

  最終的に、その呼ばれた企業の、
  ロゴマークになったりするんですよ。

プ:ほう。

謳:その、企業の。
  まあ、企業の人って、その自分の会社の
  ロゴマークとか、凄く好きなんで。

  最終的に、そういうのを、提示して。
  ショーとして終わるとか。

プ:ほうほう

謳:そういう感じの事をして、日々何とか
  生きている感じ。

プ:なるほどね。形を、こう作って。
  
謳:そうそうそうそう。

プ:ロゴマーク作って、
  「うわ~ぃ、私の会社のロゴマーク」って
  言って。

謳:そうそうそうそう。
  この放送、クライアントさん聞いてたら、
  
  ちょっと、大丈夫かなと思っちゃうけど。

プ:クライアントが「あ、そういう事だった
  んだ!」って。ネタバレ的な(笑)

  喜んだ、俺が、バカだったんだ、みたいな。

謳:まあ、まあ、まあ。
  そういう感じでね。
  一応、やらしてもらっている。

プ:間近だと、何でしたっけ?次は。
  どういう、ステージ、何か。

謳:あ、大きいやつで言うと、
  来年の2月。来年、そうですね。
  
  2019年の2月16日、17日に。
  まあ、僕、一応、色んな国で、
  やらせてもらってて。

  で、僕をわざわざ日本から、呼ぶような
  イベントって、色んな国から、

  アーティストを呼んだりしているんですよ。

プ:スペシャリストをね。

謳:やっぱり、大きなイベントです。

プ:はいはいはいはい

謳:そこで、日本人が見られないような、
  めちゃくちゃ、ヤバい、
  
  エンターテイメントをたくさん、見てきた
  んですよ。

  こんなん、いるの?みたいな。

プ:はいはい

謳:ずるいわ、こんなのっていう。

プ:はいはいはいはい

謳:そう言うのを、日本でも、
  見れる環境を作りたいと思って。

プ:そうね。

謳:自分だけが、お金貰って、
  海外行って、良いモノ見て帰りました。
  って。

  まあ、それでも、いいんですけど。
  そうじゃなくって。

  やっぱ、自分が、とんでもないもの見て、
  来たんで。

プ:うんうんうん。

謳:自分だけが、ある意味。
  
プ:はいはいはい

謳:まあ、それを、ちょっと伝えたり。
  見れる環境作りたいなと思って。

  僕が個人的に、彼らを、
  まあ、自分でお金出して。

  出演料、渡航費払って、日本に呼んで、
  みんなに見ていただく、機会を、

  ちょっと作りたいなと思って。はい。

プ:何個目ですか?その、自分で企画している
  イベントって今。
 
謳:えっと、次で5個目かな。

プ:5個目?結構、だから、
  クラウドファウンディングで集めたりとか
  して。

謳:そうですね。クラファンもやって。
  あ、これ、言って無かったと
  思うんですけど。

  クラファン、何か。
  何回かやっているんですけど。

  そのうち、1回は、1000%

プ:1000%?

謳:1000%。

プ:いくらですか?1000%って。

謳:えっと、ちょっと、待って。
  1個、1個覚えて無くって。

  合計が、2、300万円くらい?

プ:おお、凄いですね。
  2、300万円を集めて、それを、
  要は開催資金にしたの?

謳:そうですね。

プ:はぁ~。それは、アーティストに支払う、
  ギャラとかも含めて?

謳:えっと、一応名目としては、
  あの、色んな費用がめちゃくちゃ掛かる
  んですけど。

  そこの、渡航費という名目で。
  
プ:ああ、要は、呼ぶ費用ね。
  あれだよね?
  
謳:渡航費だけ、工面させてください
  っていう態で。

プ:はいはいはいはい

謳:だから、その。
  クラファン、目標金額に集まらなかったら、
  どうなるって、システムがある
  じゃないですか?

プ:はいはいはいはい

謳:集まらなくっても、貰う。
  集まらなかったら、場合は、
  返金みたいな。

プ:はいはいはい

謳:あの、返金の方にして。
  
プ:ああ、なるほど。

謳:その、もし、クラファンが失敗したら、
  彼らは、日本には来ませんと。

プ:なるほど、なるほど、なるほど。

謳:日本には、来ないんだけど。
  だけど、出演料は払っていますと。

プ:はいはいはいはい

謳:クラファンで、工面しているのは、
  渡航費の部分なんで。

プ:うんうんうんうん

謳:出演料は払っているけど、渡航費が
  出ない。つまり、彼らには、自分の
  部屋で、自分ちの部屋で、コソコソ。
  
  やるだけ、やってもらいます。って。
  それを、ビデオ中継します。って。

  やる意味ねぇじゃんみたいな。

プ:はいはいはいはい。
  それを、やって、こう。

  笑いを取りながら。やったと。

謳:そうそうそうそう。

プ:なるほど、なるほど。

 

第2部に続きます。